アトピー,小児性

アトピー性皮膚炎が小児性だったことに関して

私は幼少期から高校生のときまでアトピー性皮膚炎が酷く人(異性)を好きになる自信さえなく絶えず人目を気にして暮らしてきました。
そんな私にも優しくしてくる友人もたくさんいましたが、異性の友人や彼女(私は男です)はできませんでした。
問題は私があまりにもアトピー性皮膚炎が酷かったことや髪の毛が前を向いて生えていることと髪の毛が堅いことにより、後ろに髪を流せず短髪しかできなかったことなどがあります。
ようは自信があまりにもなかったことが原因です。
ですが、大学に入ったころには知らない間にアトピー性皮膚炎はほとんど治っており、また、高校生になるころには顔も予想外に男前になっており、さらに大学を私は休学して引きこもりをしている間に長髪になり、実は髪の毛を伸ばすと簡単に髪の毛を後ろに流せることもわかり、2回目の大学2年生になるころには周りから男前だといわれるようになりました。
社会人になったころにはアトピーのかけらすらなく、頑丈な皮膚と少し浅黒い肌(常にバイクに乗るので)東名アジア系の顔と言われるほどでした。
ようは顔が良くなったという話ですが、右手のアトピーのせいでケロイド化した部分は皆最近はアトピーのせいとも知らずむしろ見ても無く、言うとバイクでこけたの?と言われる程度にまでなったことがうれしいです。